menu

アマルフィのラグジュアリーホテル Vol.1♡ゲストルーム編 【Hotel Santa Caterina】

Hotel Santa Caterina

私達がアマルフィで滞在したホテルです。

アマルフィ海岸を望むロケーション、マジョリカ焼きのタイルとイタリアらしい色彩のインテリアなどHPや雑誌から得る写真のイメージで決めたホテルでしたが、ホスピタリティ溢れるサービスに私たち夫婦は感動!とても素晴らしい滞在になりました。

備忘録も兼ねて書き残そうと思います。
伝えたいことがたくさんすぎてかなり長い記事になってしまいました。
ご興味ある方はお付き合いください。

ホテル サンタカテリーナはこんなホテル

美しいアマルフィ海岸の丘の中腹に1904年に建設された5つ星ホテル。
当初はわずか6室でオープン。ギャンバルデッラー族により直接経営されてきました。
アマルフィの美しさと歴史を知り尽くした一族が愛情こめて育んできたホテルは、独自のアマルフィスタイルのホテルとなっています。
個性的でラグジュアリー感たっぷりのゲストルームは、ひとつとして同じデザイン・インテリアの部屋はないというこだわり。
全てのゲストルームからも、レストラン、ロビーからも遮る物のない雄大な海の景色を見渡せます。

このホテルには2つのレストランと2つのバーがあります。
フロントから入ってすぐのエリアにある、伝統的なアマルフィ海岸の料理とモダン地中海料理を楽しめる「RISTORANTE SANTA CATERINA(サンタカテリーナ)」
サレルノ湾の絶景を見下ろす場所に位置し、室内とテラス席があります。
朝食会場もこのレストランでしたが、テラス席から海を眺めながらの朝食は最高でした。
ディナーは、潮風を感じながら朝とはがらりと変わりムード満点でとても素敵な食事になりました。

もうひとつは、「RISTORANTE AL MARE(アルマーレ)」
新鮮な魚のグリル料理や窯焼きピザを楽しめる少しカジュアル感のあるレストラン。
エレベータで下った、ビーチクラブのテラスに位置するため海を見下ろすというより海をすぐそこに感じることができます。
屋根のあるテラス席で潮風を感じながら、わいわい賑やかに過ごす雰囲気も楽しかったです。

2つのバーは、ビーチクラブの隣にある「BAR IL GROTTINO」とレストランサンタカテリーナの入口に位置する「BAR LA TERRAZZA」
「BAR IL GROTTINO」はキャンドルが灯されとてもロマンティックな雰囲気でしたよ。

エレベータで岩場をくぐり抜けたエリアにある広大な海水プールのあるプライベートビーチが4月~10月の間に解放されます。
その他、スパ、マッサージ、ネイル、トルコバス、フィットネスセンターも利用可能です。

このホテルは映画アマルフィのロケ地でも有名です。
セレブがバカンスで訪れるというアマルフィ。
エリザベス・テーラー、ブラピとアンジェリーナジョリーも宿泊したことがあるそうです。

THE LEADING HOTELS OF THE WORLD(LHW) 加盟ホテルです。

私たちが滞在したヴィラ


(HPよりお写真お借りしています)

私が一目惚れしたゲストルームは、“ヴィラ イル ロッソ”という別館にある4部屋のうちのひとつ。
プライベート空間が維持できるため、通常は常連さんが利用するヴィラで確保するのは難しいそう。
私たちが検討していた時期は、HPのゲストルームページのメイン画像になっていました。

ロビー階から、階段をひとつ降りて小径を数分歩きます。


本館から出て振り返ったところ


木々のアーチ

いよいよ部屋の中へ。
HPで見ていたときはファブリックが青で白と青とのコントラストに一目惚れだったので、足を踏み入れて色合いが変わってて驚きました。


真っ白の中に黄色。。。アマルフィ=レモンの印象だったのでこのお部屋もレモンを意識したのかも。


ウェルカムフルーツとクッキーの盛り合わせ。

  
部屋の奥右手にシャワールーム、手前にはジャグジーがあります。
相方が寝てる間の朝ジャグジー。


アメニティはホテルオリジナル。
ジュニアスイートを希望していたけど、一目惚れしたこの部屋はデラックスのカテゴリーだったらしいです。


コンパクトなテラス。
相方の喫煙場所になってました。

  
タイルもイタリアらしくて可愛い。
部屋からはレストラン会場も見えます。

   
早朝。
私たちの部屋の右手には朝日に染まったレストランが見えます。
向き的にアマルフィの街並は少しだけ見える感じでした。

サンタカテリーナはひとつひとつが違う趣の部屋らしく、ひとつとして同じ部屋はないそうです。
ハネムーンとしてはコンパクトでしたが、私の大好きな要素がちりばめられたこのヴィラに泊まることができて本当によかったです。
まぁ、ファブリックが海の青を期待していたけど、このカラーもアマルフィらしくて可愛かったですね。

コンパクトですが必要なものは全て揃っているお部屋でした。
2面ある窓から光もたくさん入って明るいし、

友達は一番下のカテゴリーからスイートにアップされたようです。
今回依頼したエージェントはこのホテルと繋がりがあるようで、空きさえあればアップグレードしてもらえることが多いそう。
私たちも決め打ちの部屋じゃなかったらUGはあったはずとのことですが・・・スイートよりもヴィラロッソに泊まりたかったからしょうがないですね。
お部屋のインテリアもまったく異なるので、次回の訪問ではまた違った雰囲気のお部屋を・・・という楽しみ方もできそうです。

友人たちが滞在したスイートルーム

お友達が滞在してた部屋は私たちと反対側。
海を見て右側の小径を。。。こちらは結構歩きました。
エレベーターの待ち時間なども含めると、私の足で朝食会場まで5分以上かかりました。


緑が多くて雰囲気いい小径ですよね。


天蓋付きのベッド。ロマンティックです♡
タイルの床もとっても可愛い。

  
アメニティのブルガリ。
残念なことにジャグジーは壊れてたそうです。

  
友人はインテリアよりも、バルコニーでビールを飲んで過ごすことにこだわりがあり喜んでいました。
右手はバルコニーからの景色。
アマルフィの街が少しだけ見えます。

かなり歩くのが難点ですが、そのぶんプライベート感はありそう。
なによりスイートに泊まれるとは思ってなかったと友達が喜んでくれたのが嬉しかったです。

ホテルのアップグレードは予約方法によってアップグレードの可能性が高まると思っています。
また後日アップグレードされやすい条件については記事にしたいと思います

ゲストルームはクラシックな本館と別棟のヴィラの2タイプ

ホテルサンタカテリーナは、本館(49室)と別館&スイート(17室)のゲストルームに大きくわかれます。

すべてのゲストルームは、イタリアらしい鮮やかな色とエレガントなデザイン、マジョリカ焼きのタイルを施し、19世紀のアンティークを取り入れたインテリアで構成されています。
別棟のヴィラは、レモンの小径やオリーブ、ブーゲンビリアと自然に囲まれていてプライベート感たっぷりです。

ルームカテゴリー

本館
スタンダードルーム、スーペリア、デラックス、ジュニアスイート、エグゼクティブジュニアスイート、シニアスイート、デラックススイート
別館&スイート
ヴィラサンタカテリーナ、ヴィラ イル ロッソ、ハネムーンスイート

“ヴィラサンタカテリーナ”
海を見て本館の右手側に位置し、デラックス、ジュニアスイート、エグゼクティブジュニアスイート、レギュラースイート、シニアデラックススイートがある
“ヴィラ イル ロッソ”
海を見て本館より左手側に位置し、2つのデラックスと2つのジュニアスイートのみで構成された離れのようなエリア
“ハネムーンスイート”
3部屋のスイートルーム

ロマンティックな隠れ家のハネムーンスイート

スペシャルスイートとして3部屋のスイートがあります。
アマルフィ海岸を眺められるテラスとジェットバスがあり、2つの部屋にはプライベートプールもあるようです。
本当に素敵すぎる空間です…ここに泊まったらもう街には繰り出さないかも。
素敵すぎるハネムーンスイートを、HPのお写真をお借りして紹介してみようと思います。

Follia Amalfitana(フォッリア・アマルフィターナ)

  
レモンとオレンジの柑橘類の木立の香りに包まれた場所に位置し、広々としたテラス付きのリビングルームとシェル型のキングサイズベッド、海を望むジャグジーと専用プールがあります。白い壁とセラミックフロアタイルののエメラルドグリーンが絶妙なコントラストを作り出しています。

■ Giulietta e Romeo Chalet(ジュリエッタ & ロメオ シャレー)

  
ハネムーンにぴったりのロマンティックなスイートで、柑橘類の木立に囲まれた海の上に位置します。2階建てのメゾネットタイプになっていて、上層階にはベッドルームとジャグジーバスとテラスがあります。グランドフロアにはリビングルームとバスルーム、専用の温水インフィニティプールとプライベートガーデンへ抜けるテラスがあります。

■ Il Torrino(イル・トッリノ)

  
植物園の近くに位置する隠れ家のような2階建てのメゾネットタイプのスイート。上層階にはキングサイズのベッドルームと円形ジャグジーバスルームがあり、グランドフロアにはリビングルームがあります。

別館希望なら予約時にリクエストがよいかも

ルームカテゴリーを見てもらうとわかるように、デラックスというカテゴリーは本館にも別棟ヴィラにも存在します。
実際にホテルからの予約ページをみても「デラックス」というカテゴリーになっていて本館と別棟ヴィラを指定することはできません。
私もホテルに到着して過ごしてみるまでは、その仕組みはよくわかりませんでした。
もしHPを見て、もしくはこのサイトを見て、別棟に泊まりたいと思ったら予約時にリクエストしてみるといいかもしれません。
確約(リクエストした時点で決定)ではないと思いますが、到着時に空きがあったりした場合、案内してもらえる確率があがると思います。

海から見た本館と別館の位置関係


船の上からとったサンタカテリーナホテル

オレンジ 本館、海に近い方が宿泊者専用プールとレストランアルマーレ
レッド  本館右手が私たちのヴィラ、本館左の一番離れているところが友人のヴィラ
イエロー 上が「Follia Amalfitana Suite」下が「Giulietta e Romeo Chalet」

ハネムーンスイートは1室が私たちのヴィラ1棟ぶんほど。さすがのスイートです。
こうやって見てみると、サンタカテリーナの敷地はかなり広いですね。

最後に。。。

アマルフィのホテルは断崖絶壁に建てられているぶん、部屋の広さがあまり広くないと聞いていました。
けれど、このホテルは違います。
私たちが泊まったデラックスのカテゴリーでも十分な広さでした。
友人が泊まったスイートともあまり広さの違いはなかったです。
スイートでも、もっと上のカテゴリーだとリビングとベッドルームが独立したタイプのようなのでさらにゆったり過ごせると思います。

インテリアひとつひとつのチョイスも素晴らしい。
もう私の好みのど真ん中のホテルです。

もちろん、インテリアだけでなくホテルスタッフのホスピタリティも素晴らしいものでした。
かしこまった感じではなく、南イタリアらしい陽気でオープンなサービスです。
ホテルには興味のなく無口な相方が、チェックアウトの時に「あなたたちのホスピタリティは素晴らしい。またいつか戻ってきます」と伝えていたぐらいです。

デメリットとしては、街まで歩くのは大変という点だけでしょうか。
といっても、30分に1本のシャトルバスがアマルフィ市街まであります。

   

がっつりと観光する旅だとアクセスに不便さを感じるかもしれませんが、のんびり滞在するにはもうパーフェクトなホテルです。
いえ、ここに滞在するなら1日だけでもホテルを満喫してほしいです。

いろいろと書いていたら長くなってしまいました。
朝食やレストラン、その他の施設などは別記事にして書きたいと思います。

【Hotel Santa Caterina 】

S.S. Amalfitana, 9, 84011 Amalfi (SA), Italy
Phone +39 089 871012
Check-in:14:00
Check-out:12:00
※年末年始を除く11月~2月休館
リンク ➡ booking.com【ホテル サンタカテリーナ】
LHWのサイトからも予約可能

ホテルグレード:5つ星
インターネット:WiFiあり (部屋の中は少し遅め、ロビーや朝食会場の方だと比較的安定していました)
言語:日本語不可。英語可。
クレジットカード:利用可。VISA, Master, Amex, Diners
送迎:
眺望:シービュー
朝食:レストランサンタカテリーナにて
客室数:66室
アクセス:ナポリ空港 (NAP) から76km
シャトルバスサービスあり(6名乗り, ホテル⇔アマルフィ市街), 8:00-12:00, 15:00-18:30 (30分毎)

夫婦ふたりイタリア・クロアチア旅行【2012年10月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外挙式 アマルフィのホテル選びで悩んだこと

アマルフィのラグジュアリーホテル Vol.2 ♡朝食編【Hotel Santa Caterina】

関連記事

  1. アルベロベッロ リーズナブルで美味しいランチタイ…

    2日目のお昼に選んだレストランTrullo dei Sapori…

  2. 担当者おすすめ!アルベロベッロのトゥルッリレスト…

    アルベロベッロに到着して。とんがり屋根のトゥルッリホテルで荷物をクロ…

  3. サンタカテリーナホテルのまとめ【Hotel Sa…

    アマルフィで3日間お世話になったサンタカテリーナホテル。ばらばらの記事ア…

  4. アマルフィの海岸通りをお散歩

    アマルフィの街も歩いてて楽しいけど、やっぱりアマルフィは海岸線がとっても美し…

  5. バチカン市国観光

    ローマでどこを観光するか。ふたりで声があがったのがバチカン市国。…

  6. アマルフィとポジターノ どっちがおすすめ?と聞か…

    私たちのが南イタリアのアマルフィ海岸に滞在したのは3泊4日。拠点はアマルフ…

  7. 『アマルフィの宝石』 ポジターノを観光

    カプリ島で青の洞窟を見たあとに。フェリーでポジターノへやってきました…

  8. 念願のカプリ島 青の洞窟までの道のり

    アマルフィ滞在中、日帰りでカプリ島へ。フェリーチケットも無事に購入&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

WEBMASTER 優

PAGE TOP