menu

ナポリ 街の中に建つ宮殿ホテル【Palazzo Caracciolo Napoli – MGallery by Sofitel】

ナポリでの宿泊したホテルは、
Palazzo Caracciolo Napoli – MGallery by Sofitel

宿泊先は、プロデュース会社にお任せしていました。
現地に着くまでどんなホテルか知らずに旅するなんて、ちょっとしたわくわく感がありますね。

 

一歩足を踏み入れると世界が変わる静かなホテル

かつては、ナポリ王邸宅だったとも言われる貴族の邸宅を利用した4つ星ホテル。
入口の門をくぐると、外の喧騒が嘘のように静かな空間になります。
入口のところに人が立っているので、不審者や侵入者の心配も少なそう。

歴史的なディテールと現代モダンのようなインテリアが見事にマッチしていてとても居心地のいいホテルです。

ほぼ寝るだけで利用したため、フロントからゲストルームまでと朝食会場までしか歩いてないのですが、ゲストルームから見える中庭はヨーロッパらしいエリアで優雅な気分を楽しめました。
ちょうど朝食会場に行くときに通ります。

その中庭の回廊がとてもおしゃれで雰囲気がよかったので、中庭で朝食後のカプチーノを飲んで楽しみました。

  

 

シンプルで清潔なダブルルーム

ヨーロッパらしい雰囲気の建物とはまた雰囲気が違い、白で統一されたモダンなデザインです。
自然な古い壁によって防音効果があるようで、とても静か。

大きなスーツケースを広げても歩くスペースはしっかりありました。
バスタブもあり、疲れた身体を癒やせたのはよかったです。
部屋でつけているテレビの音がバスルームでもしっかり流れていました。

ホテル料金がかなりお得だったので期待していなかったのですが、ストレスなく大きなベッドでぐっすりと眠れたのでとてもコスパのよいホテルでした。

 

スタイリッシュな朝食会場

ホテル内には2つのレストランがあります。
「La Cucina」「Nel Chiostro」

朝食会場は、室内レストランの「La Cucina」です。


朝食会場までの道のりもとっても素敵です。

イタリアらしい色彩でスタイリッシュなインテリア。

  
座ってすぐにドリンクを聞かれます。
私は大好きなカプチーノを、相方は紅茶をお願いしました。
イタリアに到着して初めてのカプチーノ。
ひとり静かに感動してました。

  
朝食の内容は、多すぎず少なすぎずちょうどいい種類です。
パンも美味しかったですが、相方は青リンゴジュースがお気に入りになったそう。

 

明るい時間でも裏路地に入ると少し怖さを感じる立地

立地としては、ナポリ中央駅から徒歩15分程ゆるい坂道をあがった場所。
ホテルはかなりゴージャスですが、ホテルの周りは現地の生活を垣間見れるエリア。
駅も近く治安は良い方ではないよう。
プロデュース会社の担当者にも夜はタクシーを利用してくださいとアドバイスありました。

当時ニュースで頻繁に流れていたごみが散乱している風景はなかったですが、お世辞にもきれいな街並みとは言いがたい雰囲気でした。
ナポリではホテル利用のみで他のエリアを知らないから、このあたりに限らないかもしれませんね。

朝ご飯を済ませた後、1時間ほどホテル周りを散策したので写真を載せてみます。

  
ホテル前の通り。
朝の8時ぐらいだったので出勤している人たちが駅に向かって一緒に歩いています。

  
カプアーノ城の門とカプアーノ城。

  
駅に着く手前の路地に入りたいと相方。
人通りがあるところはいいけど、誰もいない路地は・・・私はちょっと怖かったです。
小さな商店が建ち並び、オープン準備をしているのを見ることができました。


上を見上げるとこんな素敵な建造物を見ることができました。


駅付近のバス停。これは送迎の車の中から撮ったもの。
ここ、勝手にモップで車のフロントガラスを拭いてお金を請求する人たちがたくさん!ドライバーも車を動かせないので怒っていました。

 

ホテル近くのカプチーノに感動!

散策後、ホテルの側にあるバールに立ち寄ってみました。

「KIMBO」

店内のカウンターで注文して、コーヒーを受け取るシステム。
そのままカウンターでお店の人と話しながら飲んでいる現地のサラリーマンも。
私達は店先のテーブルでイートイン。

  
1ユーロのカプチーノ。
当時のレートだと日本円で100円ですが、やっぱり本場!!
量もちょうどよく今まで飲んだカプチーノの中でダントツ。。。と思っていたら、このお店はナポリの人たちに愛されるエスプレッソブランドのお店でした。
この後、訪れたイタリアの街でもローマでもここ以上に美味しいと感じたカプチーノはなかったなぁ。
そのぐらい香りといい美味しいカプチーノでした。

のんびりカプチーノを飲んでいると、隣の女性2人組に話しかけられます。
ライターを貸して欲しいと。
普通にライターは返ってきたけど(結構そのまま戻さない人も多い)、アジア人が珍しいのか興味津々な感じでした。
日本でも見かける女子高校生みたいな女の子たち。

治安が悪いエリアだと少し怖いイメージでしたが、ホテル前のこの通りの朝はそんな怖さもなく楽しむことができました。

いや、そんなことよりここのエスプレッソ(カプチーノ)を試して欲しいです。
調べて見ると日本でもこのお店の豆は試せるそうですが、エスプレッソマシンが特殊らしいのでやはりナポリじゃないとこの味は味わえないようです。

 

いよいよアマルフィへ


スムーズにチェックアウトを済ませ、ドライバーと合流。

  
9時にホテルを出発。ナポリ中央駅付近まではかなりの渋滞。郊外へ向かうにつれてスイスイ進みます。

  
40分程走ると海が見えてきました!

  
右に行けばポジターノ、左がアマルフィ・・・10時過ぎにホテル到着。

チェックインはまだのようなので、スーツケースを預けて街へ散策に出かけます。

 

部屋のカテゴリー:デラックスダブルルーム
客室サイズ:18㎡
・キングサイズベッド1台
・バスタブ付き

【Palazzo Caracciolo Napoli – MGallery by Sofitel 】

Via Carbonara 112 80139 Naples, ITALY
Phone +39 081 016 0111
Check-in:14:00
Check-out:12:00
リンク ➡ booking.com【Mギャラリー パラッツォ カラチオロ】

ホテルグレード:4つ星
インターネット:WiFiあり
言語:日本語不可。英語可。
クレジットカード:利用可。VISA,
送迎:あり(有料)
眺望:中庭のみ
朝食:朝食ルームあり
客室数:138室
ナポリは宿泊税が必要(1泊1名様あたり1.5ユーロ~5ユーロ)
アクセス:ナポリ・カポディキーノ国際空港から車で15分(3.1km)
ナポリ中央駅まで徒歩15分 ・地下鉄Museo駅まで徒歩8分

夫婦ふたりイタリア・クロアチア旅行【2012年10月】

 

 

アマルフィを目指して 成田-ミュンヘン-ナポリ【Lufthansa航空】

アマルフィの街散策!観光やアクセスなど

関連記事

  1. アルベロベッロ観光とアクセス方法

    女子は好きな人多いと思う。そんな可愛くメルヘンチックな街のアルベロベッロ…

  2. 担当者おすすめ!アルベロベッロのトゥルッリレスト…

    アルベロベッロに到着して。とんがり屋根のトゥルッリホテルで荷物をクロ…

  3. アマルフィのホテルでウェディングディナー【RES…

    アマルフィで挙式を終えた夜。お友達をご招待してウェディングディナーを…

  4. イタリアでの海外挙式 実際にかかった費用と節約ポ…

    2012年のイタリア アマルフィでの挙式&イタリア・クロアチアのハネムーン…

  5. アマルフィからカプリ島へのアクセス&フェリーの予…

    アマルフィ滞在中、カプリ島へ日帰りで行ってきました。出発前は情報が少…

  6. 海外挙式 ウェディングドレスを機内持ち込みに!…

    南イタリアのアマルフィで海外挙式を行うことにした私たち。優雅だねぇ~…

  7. アマルフィのラグジュアリーホテル Vol.2 ♡…

    南イタリアのアマルフィ。滞在先のホテルは、断崖絶壁に建つ5つ星ラグジュア…

  8. アルベロベッロからローマまで

    3日間滞在したアルベロベッロを後にします。お隣りのお母さんとの涙の別れで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

WEBMASTER 優

PAGE TOP