menu

歩くだけでも楽しい♡グランドバザール

地下宮殿からトラム沿いに歩いてグランドバザールを目指します。
一番近かったゲート2(キュルクチュレル門)から中へ。

 

グランドバザールとは

 

1461年にメフメット2世が宮殿横に造ってから現在に至ります。
広さ約30,000㎡、66の街路と4400以上のショップが集まっている屋内の巨大市場。
世界最古で最大規模のデパートのひとつとも呼ばれています。

日本のガイドブックではグランドバザールと記載されていますが、トルコ語ではカパルチャルシュ(Kapalicarsi)と呼ばれています。

グランドバザールの楽しみ方

 

市場の中では、絨毯やキリム、スカーフ、ランプ、宝石、陶器、革製品など・・・。
お土産や掘り出し物を探すのが楽しみになるものがずらりと並んでいます。

ランドマークになっている傾いたキオスクも訪れたなら見ておきたいですね。
その他レストランやカフェはもちろん、郵便局やATMもありました。

私がときめいた おすすめトルコ土産

 

バザール内で買えるトルコ土産のオススメをご紹介。

・オットマンランプ
カラフルで可愛いランプ。
割れる心配もあり持ち帰りに
それから電圧が日本のものとは異なるので、その点は注意が必要です。

・キリム
トルコの民芸品のひとつ。
マットやクッションカバー、バッグなどいろんな種類があります。
小さなポーチが可愛すぎて色々探しましたが、欲しいサイズが見つからずあきらめたけど・・・ひとつ買っておけば良かったと少し後悔。
作りも思ったよりしっかりしていたんですよね。
自分の好きな柄を見つけたら、私のように後悔しないように頑張って値段交渉してくださいね。

・チャイティーセット。
この真ん中にくぼみがあるチャイグラスはとても可愛く本当にお土産にしたかったひとつ。
ただ、ほとんどが6客+トレーのセットで2客などでは売られてなかったのであきらめました。

・ローズウォーター(バラ水・化粧水)
バラの花びらから抽出した純度100%のナチュラルローズウォーター。
保湿機能が素晴らしく肌しっとりで、付け心地はさっぱりしています。
ふんわりとバラの香りに包まれるのも贅沢な気分に。
日本だといいお値段しますが、ここトルコではなんとプチプラ価格で購入できます。
私が購入したのは「Rosense」というブランドの300mlサイズ。
購入自体は別の場所のコスメショップでしたが、グランドバザールでは10TL(500円ぐらい)でした。
10本購入して友達に配りましたがとっても好評でした。
・・・いつのまにかRosense Japan 公式ページができていて、日本価格だと3200円(税抜)なんですね!

・その他
写真は撮らなかったけど、ストール(パシュミナ)は質が良くシルクもとてもきれいでした。
複数枚をうまく価格交渉すればお手頃価格で購入可能かなと思います。
陶器(小皿など)・キャンドルホルダーなら小ぶりで持ち帰りやすく、トルコらしい雰囲気も伝わるお土産になりそうです。
トルコ絨毯、トルコ石・貴金属のショップも多いですが、こちらは高額過ぎますね。

グランドバザールでの注意点

 

1. 迷子にならないよう場所を把握しておく
2. 自分の中で購入額を決めておく
3. 基本は現金
4. ウィンドーショッピングはショップの入口で楽しむ
5. 購入した商品もしっかり確認

グランドバザールでは商品に値札が付いていなくて、値引き交渉がほとんど。
まとめ買いで安くしてもらったり、おまけ付けてもらったり、自分の納得する購入額を決めてから交渉に挑むといいかも。
欲しいという態度は表に出さず、折り合いが付かなければ一旦店を出るなど、余裕の構えでやり取りすることが大切です。

どのショップも入口はコンパクトですが、奥に長く地下にまで続くお店も多いです。
本当に商品が買いたいのであれば奥に進んでチャイをいただきながら見るのもありですが、見て楽しむのが目的であれば奥に進むのは避けた方が無難です。いったん中に入るとショップの外に出るまで大変でした。

支払いはほぼ現金が基本。多めに現金を準備してお買い物に挑みましょう。

活気ある雰囲気を体験するために、
買わないけどウィンドーショッピングが好きな人に、
会社の人たちへのばらまき土産を調達に・・・
そんなつもりが、心惹かれるものに出会えるかもしれません。

観光客向けのお土産屋さんだと思ってたらおしゃれなショップもちらほら。

活気ある市場の雰囲気も楽しいですが、通路内を売り歩く店員から受け取ったチャイを片手に語り合ってる現地の普段の生活を垣間見るのも楽しかったです。

 

【Grand Bazaar(グランドバザール)】

Beyazit Gate, Istanbul, Turkey
Phone +90 *****
Open 8:30~19:00
Close 日曜・祝日
入 場 料 :無料
アクセス:トラムBeyazıt-Kapalıçarşı駅から徒歩2分

初めての夫婦ふたりトルコ旅行【2011年11月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議なメデューサの首 【地下宮殿】

スレイマニエジャーミーからすぐのロカンタランチ【Ali Baba Kanaat Lokantasi】

関連記事

  1. トルコ旅行で目的別にホテルを探す

    航空券やバスなどの移動手段が決定した…

  2. 天才建築家ミマール・シナンの秀作【スレイマニエ・…

    ヴァレンス水道橋から来た道を戻り、スレイマニエ・ジャミィへやってきました。…

  3. カッパドキアの洞窟レストラン【URANOS SA…

    カッパドキアのツアー初日のランチで訪れたアバノスにある洞…

  4. 乙女の塔でディナー【Maiden’s…

    旅も終盤に近づき、ちょっとだけおめかししてディナーを楽しもうということに。…

  5. トルコ旅!最初に決めたこと【旅行時期と航空券】

    夫婦ふたり旅レシピ。最初の渡航先は2011年のトルコです。201…

  6. トルコ国内で列車(TCDD)に乗ってみた

    移動のためにトルコの国鉄(TCDD)を利用したのは、セルチュク-イズミル間で…

  7. パムッカレの案内人【前編】

    深夜バスを降りてパムッカレの街まで深夜バスで、カッパ…

  8. 新市街のランドマーク【ガラタ塔】

    3日目の朝。トラムでカラキョイ駅へ向かいます。旧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

WEBMASTER 優

PAGE TOP