menu

エフェス観光に便利なセルチュクのホテル

 

エフェス観光に便利な立地を探す

エフェス観光のための拠点に選んだのはセルチュクという街です。
ここでは、夕方に到着して次の日の朝食後にはチェックアウトしてエフェス観光の予定だったため滞在時間は半日ぐらい。
眠るだけのホテル滞在になります。
前日はバス泊の予定のため、静かに眠れそうな立地のホテルを探してみました。

 

ホテル探しで決め手になったポイント

  • エフェスまで近い(3kmほど)
  • オトガル(バス停)、鉄道までも近くどちらも利用可能
  • 街中ではなく高台の上に位置するので静かに眠れそう
  • リーズナブル

 

送迎なくても・・・
トルコのバスはセルヴィス という無料のバスがあります。
私たちが到着した広場に降りた途端、名前を確認され荷物をささっと運びあっという間にホテルに連れて行ってくれたおじさまがいました。
知らなかったから驚きましたが、バスを降りるたびに主要なところまで連れて行ってもらえたためトルコでは普通のことのようです。

親切なオーナーが車で送ってくれて気付くとバスもタクシーも利用しなかった

私たちが利用したホテルは、Akay Hotelです。

メリット
 オーナーのおじさんが親切で車で観光やレストランへ案内してくれる
 コンパクトな部屋だが清潔
 建物自体が大きな門の中にあるので安心かつ静か。
 徒歩5分程の街中にレストランやATMもあり便利

デメリット
 部屋は少し狭く、バスタブなし
 気さくなおじさんはいいところもあるが、絨毯屋で降ろされて戸惑った

街から高台に登った上にあるホテルでとても静か。
朝は石畳の上を馬車が走る音で目が覚めました。

ゲストルームはとてもコンパクトです。日本のビジネスホテルくらいでしょうか。
機内持ち込みのスーツケースはテーブルの上で広げたままにできましたが、大きめのスーツケースは広げることは不可能でした。
家族経営のホテルスタッフはとても親切。
夕方に到着すると、いいレストランを紹介すると車で街の中のロカンタへ送ってくれたり、
翌日の朝食後に、エフェス観光をして列車と飛行機を利用してイスタンブールに行くことを話すと、「エフェスまでバスだと時間がかかるので、行き帰り車で送るよ」と言ってもらえました。
なのでセルチュクでの移動はすべて交通機関を利用していません。
予定よりも時間をかけてエフェス観光ができました。


フロント

   
フロントすぐ隣の門を開けると、宿泊する部屋が並ぶエリアです。
夏は遺跡観光後にプール利用もありかもしれません。
ただ、11月の気候はそこまで暑くないため、プールを利用している人はいませんでした。


部屋はかなり狭いです。スーツケースを広げることは可能でしたが導線はなくなります。
シンプルで清潔感はあり。バスタブなしでシャワー室はテレフォンボックスぐらいの広さです。
お値段が安く清潔なので、本当に寝るだけであれば問題ないかなと思います。

 


ホテル近くのフルーツショップ

 

部屋のカテゴリー:スタンダードダブルルーム
客室サイズ:
・ダブルベッド1台
・バスタブなし、シャワーのみ
場所:1階のプールビュー
料金:55Euro

【Akay Hotel】

Isabey Mah. 1054 Sokak 3, Selcuk 35927, Turkey
Phone +90 232 892 3172
Check-in:13:30
Check-out:10:30
リンク ➡ booking.com【アカイホテル】

インターネット:無料
言語:日本語不可。英語可。(ご主人の英語はかなり早口です)
クレジットカード:利用可(VISA・Master)
送迎:あり
眺望:私たちの泊まった棟はすべてホテルのプールビューでした
朝食:フロント棟
客室数:25
アクセス:エフェス遺跡まで車で約10分、TCDDセルチュク駅まで徒歩10分

① エフェス遺跡まで車で約10分
② セルチュク駅まで徒歩約10分
③ 街はホテルと駅の間にあり徒歩約5分

初めての夫婦ふたりトルコ旅行【2011年11月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パムッカレの案内人【後編】

ホテルスタッフが利用するお手頃ロカンタ【Seckin Firuze】

関連記事

  1. トルコ最後の晩餐【Cozy Pub &…

    帰国時間が迫ってきました。トルコ最後のご飯に選んだのはガイドブッ…

  2. カッパドキア 北部 日本語ツアー【レッドツアー】…

    カッパドキアに到着して頼んでいた送迎車でカイセリ空港から…

  3. 歩くだけでも楽しい♡グランドバザール

    地下宮殿からトラム沿いに歩いてグランドバザールを目指します。一番近かった…

  4. 想像以上に幻想的なスルタンアフメット・ジャーミィ…

    イスタンブール1日目は旧市街(スルタンアフメット地区)の観光です。最…

  5. トルコ旅!最初に決めたこと【旅行時期と航空券】

    夫婦ふたり旅レシピ。最初の渡航先は2011年のトルコです。201…

  6. 気球から眺める世界遺産に感動!!

    カッパドキアでのメインイベント。気球ツアー!世界遺産のカッパ…

  7. エフェス遺跡 ナイキの名前の由来を知る

    セルチュクのホテルからどうやってエフェス遺跡まで行こうか・・・朝ご飯…

  8. トルコ国内の移動手段【バスを利用する】

    バス大国のトルコ。私たちがバスを利用したのは以下の2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

WEBMASTER 優

PAGE TOP