menu

リーズナブルな洞窟ホテルのスイートルーム【Koza Cave Hotel】

 

 カッパドキアで洞窟ホテルに泊まりたい!

洞窟ホテルに泊まることを考えると、この3つの街が選択肢になりました。

ユルギュップ
カッパドキア第2の都市。洞窟風ホテルやプチホテルが多く雰囲気重視の人にオススメ。
イスティクラル通りやカイセリ通りを中心にレストランやショップが集まる。
ギョレメ
きのこ岩をくりぬいて作られた洞窟ホテルが多いカッパドキアらしい雰囲気の街。
ホテル・レストランが徒歩圏内にあり、経済的なホテルから高級ホテルまで選択肢も多い。
ウチヒサル
「3つの要塞」という意味をもつカッパドキア地方で最も高い場所にある村。
雰囲気の良い高級リゾートホテルが多く、見晴らしもよく人気も高い。

ゴージャスなリゾートホテルもいいなと思ったのですが、カッパドキアらしい素朴できのこ岩に囲まれたギョレメに滞在しようと決めました。

ホテル探しで決め手になったポイント

  • 岩をくりぬいた洞窟ホテルで、家族経営のアットホームさが期待できる
  • コメントでマイナス点が少なく、訪れたほとんどの人が再訪を希望している
  • スイートルームに2人約1万円で宿泊できる
  • レストランやショップ、ATMなど徒歩圏内

※ 当時はホテルHPがなかったため到着して知りましたが、空港送迎がお得な料金で利用できます。

ポイント:交通手段
個人手配ではやはり現地での交通手段で滞在する街を決めるのもありかなと思います。
私たちは空港からの送迎もあり、ツアー利用で自分たちで移動することをせずにすみました。
例えば、カイセリ空港からギョレメなどは直接バスもあるようですが、・・・・・・
ホテルによっては空港送迎などを行っているホテルもあるようです。
ツアーはほとんどホテルへ迎えに来てくれてホテルやオトガルなど伝えれば希望の場所まで送ってくれるのでうまく利用して計画を立てるといいと思います。

 

期待を裏切らない素朴でアットホームな洞窟ホテルのスイートルーム

メリット
 トルコらしい洞窟ホテルのスイートルームにリーズナブルで宿泊できる
 寒い時期でも洞窟ホテルの中はとても暖かく静か
 バスルームにはバスタブもあり、お湯の出も問題なし
 ホテルの上階にはテラスがありローズバレーを眺めることも可能
 ギョレメの中心地まで約10分。レストラン、お土産屋、ATM、オトガルなどが揃っていて便利
 スタッフが親切

デメリット
 バスルームの一番奥にトイレがあるため、バスタイム後は床が濡れたままトイレを使用しないといけない
 ギョレメオトガルからは上り坂なので、送迎利用しない場合スーツケース移動は少し大変かも

当時はホテルのHPも探せず、予約サイトではBooking.comのみ予約可能でした。
今でも、予約サイトはBookig.comのみのようです。
家族経営のホテルで、スタッフはとても親切。
私たちの拙い英語もしっかりと聞いてくれて、困ったとき(両替)にはいろいろと連絡をしてくれてとても助かりました。


ゲストルーム(スイート)
岩をくりぬいた奇妙な形のお部屋にトルコ絨毯のインテリアがとても可愛い。
そして、この日の夜は0度近くだったのですが、部屋に入るととても暖かいです。
暖房がはいっていなくてこの暖かさにほっとしました。

玄関の扉を開けるとすぐにこのベッドが見えます。
扉はありませんが、左手にはバスルームが続きます。

   

バスルームはトルコ式スパエリアとバスタブがあり、一番奥がトイレ。
リビングと同じ広さぐらいのとても広い空間です。
水圧も問題なく、温かいお湯も豊富に出てお風呂タイムにストレスはありませんでした。
難点は、バスルームを利用すると床がぬれてしまうため、奥のトイレを利用するときにちょっと大変なこと。
私たちはホテルのスリッパはリビングルームで、奥のバスルームではトルコ航空で配られたスリッパを利用しました(エコノミークラスでもトルコ航空はアメニティが配られスリッパももらえます)

 


入り口側。
ドアを開けて数段の階段があり、暖炉とちょっとした椅子とテーブルがあります。

 

壁に触ってみると、ぱらぱらっと砂が落ちてきます。
本当に洞窟をくりぬいて作ったんだなぁと感動です。

   

朝食ルーム。フロントを通って奥にあります。
気球ツアーから戻ってきて利用しましたが、貸し切り状態でした。
朝食の内容も素朴な感じですが、美味しかったです。

 


テラス

 


テラスからの景色

 

 

部屋のカテゴリー:スイートルーム
客室サイズ:25㎡
・エクストララージダブルベッド1台
・バスタブ、トルコ式スパ付き
場所:フロント横(低層階)
料金:95Euro (トルコリラの現金払いで10%OFFになりました)

【Koza Cave Hotel】
Aydinli Mah. Cakmakli Sok. No:49, Goreme 50180, Turkey
Phone +90 384 271 2466
Check-in:12:00
Check-out:11:00
リンク ➡ booking.com【コザ ケーブ ホテル】
mail info@kozacavehotel.com

インターネット:ゲストルームの中は少し不安定、ロビーや朝食ルームで快適に利用できました
言語:日本語不可。英語可。
クレジットカード:利用可。トルコリラの現金払い10%OFF。
送迎:事前依頼で10Euro/人のようです。空港到着してからは依頼できないのと、人数により金額が異なるようなので、日本出発の前に確認することをお勧めします。
両替:当時(2011年11月)は「円→トルコリラ」の換金はホテル内ではできず、知人に連絡して良い換金レートで両替することができました。現在できるかどうかは不明です。
眺望:ゲストルームから出て階段を上ると複数テラスがあり夕暮れにローズバレーなどの絶景を楽しめました。私たちの泊まった部屋ではなく高層階のゲストルームにはテラス付きだったのでその部屋を選ぶと部屋から絶景も見ることができるかも。
朝食:朝食ルームあり、夕食提供はなし
客室数:10
アクセス:カイセリ空港から車で1時間、ギョレメオトガルから徒歩10分

① ギョレメオトガルからOne Wayレストランを左手にみて(ATMの前の道)西の方向へ進む
②緩やかに左にカーブした先を左折(緩やかな坂道)

③道なりに緩やかな坂道を登っていくと左手にホテルが見える

初めての夫婦ふたりトルコ旅行【2011年11月】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カッパドキア 北部 日本語ツアー【レッドツアー】

カッパドキアの洞窟レストラン【URANOS SARIKAYA】

関連記事

  1. 天才建築家ミマール・シナンの秀作【スレイマニエ・…

    ヴァレンス水道橋から来た道を戻り、スレイマニエ・ジャミィへやってきました。…

  2. 昼はカフェ夜は水たばこと雰囲気が異なるレストラン…

    イスタンブールに到着した夜ご飯。ブルーモスクのすぐ近く、Arasta B…

  3. トルコなのに・・・エジプシャンバザール

    お土産屋さんが立ち並ぶグランドバザール。同じ市場ですが、次はスパイスと乾…

  4. カッパドキア 北部 日本語ツアー【レッドツアー】…

    カッパドキアに到着して頼んでいた送迎車でカイセリ空港から…

  5. 乙女の塔でディナー【Maiden’s…

    旅も終盤に近づき、ちょっとだけおめかししてディナーを楽しもうということに。…

  6. トルコのB級グルメと言えばサバサンド

    旧市街側のガラタ橋の麓に到着。ここで旦那様のお目当てのひとつ…

  7. 想像以上に幻想的なスルタンアフメット・ジャーミィ…

    イスタンブール1日目は旧市街(スルタンアフメット地区)の観光です。最…

  8. 新市街のランドマーク【ガラタ塔】

    3日目の朝。トラムでカラキョイ駅へ向かいます。旧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

WEBMASTER 優

PAGE TOP